安全教育プログラムの趣旨

安全教育プログラムは、特別行政法人国民生活センターからの要請を受け、WHO基準を満たしていないカイロプラクティック施術者を対象とした、受療者の「安全性」を担保するためのプログラムです。

このプログラムは日本カイロプラクターズ協会(JAC)が日本カイロプラクティック登録機構(JCR)と連携して企画立案され、東京カレッジオブカイロプラクティック(TCC:国際承認取得校)に運営が委託されています。
この講座を受講し、終了することでJCRの登録に必要な試験(IBCE)の受験資格を得ることができます。また、JCRの登録を以って「WHO基準カイロプラクター」に位置付けられます。

  1. このプログラムは世界カイロプラクティック連合(WFC)に承認されたプログラムです。
  2. JCRに登録されたカイロプラクターの名簿は厚生労働省に提出されています。
  3. このプログラムの受講者は国内外のカイロプラクティック・テクニックセミナーへの参加が認められます。
  4. JAC 安全教育プログラムのページ

    グレゴリー・スチュワートWFC会長からの推薦文 (2014.7.28)

    「世界カイロプラクティック連合(WFC)は、国民生活センターの要請により日本カイロプラクターズ協会(JAC)が、国内のカイロプラクターを対象とした安全性と広告に関する最初の業界ガイドラインを発行したことを大変喜ばしく思います。国民生活センターは、また基準を満たさない施術者による危険な施術から公共の安全を守る目的で、基準未満のカイロプラクティック教育を受けた施術者対象に安全教育プログラムの開講要請をJACに伝えたと理解しています。

    WFCは、提案された基準を満たさない施術者対象の安全教育プログラムを検討した結果、安全教育プログラム修了後にJCR主催のIBCE試験に合格することでWHOによるカイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するガイドラインのカテゴリーII (B)の基準を満たすと考えています。このことは、安全教育プログラムの修了者でJCR-IBCE試験合格者はJCR名簿に登録され、日本国内で資格を有するカイロプラクターとしてWFCの活動や公式なカイロプラクティックセミナーに参加することができます。

    日本国内でカイロプラクティック業務の法制化が確立され広く安全性が普及されるまで、この教育プログラムは患者の安全に大きく貢献するでしょう。WFCを代表して安全教育プログラムの現在の開講について祝辞を述べさせていただきます。」

電話番号:03-5876-5987

電話受付時間 :平日9時~18時
土曜、日曜、祝日は除く