JCR試験受験資格プログラム実施の経緯

JCR試験受験資格プログラムは、日本カイロプラクターズ協会(JAC)が、日本カイロプラクティック登録機構(JCR)と連携して企画立案したものです。日本国内でカイロプラクティック(以下カイロ)を標榜している施術者の中で、WHO基準を満たしていない施術者を対象として、受療者の「安全性」を担保するための教育プログラムです。

JACから東京カレッジオブカイロプラクティック(TCC)にカイロのJCR試験受験資格プログラムの実施が委託され、この講座の開講となりました。 この講座を受講し、終了することでJCRの登録に必要な試験(IBCE)の受験資格を得ることができます。また、JCRの登録を以て「カイロプラクター」に位置付けられます。

JCR試験受験資格プログラムの特色

1. WHOガイドラインで提示されている期間限定の教育プログラム

世界保健機関(WHO)による「カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するガイドライン」※1のカテゴリーII (B)で求められている、安全な施術に必要な医学教育など期間限定の教育プログラム。

すでにカイロプラクティックの看板を掲げて臨床業務を行っているが、WHOガイドラインで必要とされる教育を未だ満たしていない施術者が対象です。

2.  試験合格者はWHO基準のカイロプラクターとして認知

本プログラム修了後は、国際的な第三者試験委員会である、国際カイロプラクティック試験委員会(IBCE)※2によるカイロプラクティック統一試験を受験し、その合格をもってWHO基準を満たすカイロプラクターとして認められます。

3. 業務自主規制を遵守することで、登録機構の名簿へ登録

国民生活センターの依頼で作成された業界の「安全性と広告に関するガイドライン」に基づいた業務自主規制を遵守することを条件に、WHO基準カイロプラクターは日本カイロプラクティック登録機関(JCR) ※3の名簿に登録されます。日本カイロプラクティック登録機構は、名簿を公開することで、利用者が安全なカイロプラクティック施術者を選ぶことができます。

※1 カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するWHOガイドライン
WHO Guidelines on Basic Training and Safety in Chiropractic

※2  国際カイロプラクティック試験委員会(IBCE): 米国の国家試験運営機関である全米カイロプラクティック試験委員会(NBCE)により設立された国際組織

※3  日本カイロプラクティック登録機構(JCR): カイロプラクターを登録する独立組織です。登録対象者は世界保健機関(WHO)ガイドラインに準拠した教育プログラムを修了したカイロプラクター登録試験(JCR登録試験)の合格者です。カイロプラクター登録試験は、第三者試験評価機関である、国際カイロプラクティック試験委員会(IBCE)から提供された試験問題を使用しています。JCR登録試験登録者の名簿を一般公開、および厚生労働省や関係省庁へ提出することで、安全なカイロプラクターの指標を提示することを目的としています。厚生労働省による適正なカイロプラクター登録制度が設置されるまで本機構が代替的な役割を担います。 

お問合せ

JCR試験受験資格プログラム実施校 (お問い合わせ)
東京カレッジオブカイロプラクティック 事務局
電話:03-3437-6907   Eメール: tcc@chiro.jp

参考

電話番号:03-5876-5987

電話受付時間 :平日9時~18時
土曜、日曜、祝日は除く